Skip to content →

心のバリアフリー Posts

街を歩くと〜その9〜

ついさっきのことです。 駅に郵便物を出しに行ったら、 白杖をついたおじさんがいました。 足も少し不自由なようで、おそらくロービジョンの方です。 ふらふら、バスに向かって歩いており、近くのおじさんが危ないよ! と声をかけてくださったのですが、 いきなり白杖をつかみだしたのでロービジョンのおじさんはびっくりしてしまいました。 …   ということがあったので 確かに私はロービジョンの方ではありませんが、一言言いたいと思います。 『白杖は視覚障害者にとって目なんです。』 好意でも、白杖を掴んで... 続きを読む

Leave a Comment

コミュニケーション

この間、交際している彼と職場のイベントに参加しました。   彼は福祉関係とは全く別種の仕事をしており普段ハンディのある方との接点はほとんど無い人です。   イベントに参加してみて「想像と全然違う。介助する人、介助される人っていうよりもパートナーって感じなんだね。信頼しあってる感じがする。」と、ハンディを持つ人やヘルパーという職業へのイメージがかなり変わったようでした。   福祉に関わる仕事をしていないと、なかなかお話ししたりする機会がないと思うので今回の様なコミュニ... 続きを読む

One Comment

病院にて・・・。

以前、介助で病院へ行った時の話です。 名前が呼ばれ診察室へ入ろうとした所、看護師の方に「ご家族の方も中へどうぞ」と声をかけられました。 障がい者の付き添い=家族というイメージがあるのでしょうか? 障がい者の自立・ヘルパーという職業の認知度って低いのかな?と考えさせられました。 ... 続きを読む

One Comment

街を歩くと〜その8〜

ある日車イスユーザーの知人と出掛けました。 その時は私が車イスを押して、狭い道路(センターラインもない、路側帯もない道)の端の方を歩いていました。 道路に出る手前に看板と空き地があり 『ここ、何ができるのだろうねー?』 なんて道路の端で話していた所。 後ろから怒鳴り声が、 振り向くと、後ろから来た車を運転していた男性が 『てめぇら、さっきから邪魔なんだよ!』 と怒鳴り散らして来ました。 ものすごい不快な思いをしました。 確かに後ろを確認しなかったのも悪いかと思いますが、 気がついて欲しいならクラ... 続きを読む

Leave a Comment

~合理的配慮について考える~

まずはこちらの記事をご覧ください。 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E7%90%86%E7%9A%84%E9%85%8D%E6%85%AE …。 全部読んだ人も部分的に読んだ人も。 正直、わかりましたか? 私は とても解りにくいな。 回りくどいなと思いました。 合理的配慮って 今まで、心のバリアフリーで書いた記事全てに当てはまることかなと思いました。 もっと簡単に言うと 『思いやり』 『気遣い』 って言い換えても良いのではないかと思います。 そ... 続きを読む

Leave a Comment

ハンディキャップへの理解~その1~

今回は、【視覚障害】について私が感じることと意識していることを書いていきたいと思います。 説明も入るのでちょっと長文になりますがお付き合いくださると嬉しいです。 一口に視覚障害といっても、原因も個人個人違い、見え方も個人差があるのであくまで私が感じた事意識したいことを書くので、みんながみんな同じというわけではない事を前置きします。 視覚障害は身体障害のひとつですが、人間の情報の8割りは視覚と言われてます。 料理を食べる、会話する、テレビを見る等人は見る事で情報を得ることが多いのです。 つまり、視... 続きを読む

Leave a Comment

たとえ100%は理解出来なくても…

私は介護の仕事をするようになって意識するようにしたことがあります。 自分がそのハンディキャップを持ったらどう感じるんだろう? と言うことです。 勿論その人にはなれないんですけど、体感しようとする努力をするようにしました。 例えば、 手動車イスで1日過ごしたらどう感じるんだろうとか。 小さい穴から見えている世界って?と自分の目を数ミリだけあけて目を隠して物を見たり。 部屋を真っ暗にして、自分の部屋の物をとってみたり。 全然足りないですけど、やらないよりは考え方変わるかななんて思い時々やってみてます... 続きを読む

Leave a Comment

街を歩くと~その7~

  昔私がボランティアで重度障がい者の方が生活している施設に行った時のことです。   ちょっとトイレに行きたくなり、何気なくトイレに行った時のことでした。   多分、そこの施設の介護職員と利用者さんが廊下で何か言い合いしてる様な感じでした。   随分騒がしいので話を聞いてみると。   介護職員『○○さん!何でおしっこでないの!』   利用者さん『だって…。』   介護職員『だってじゃないでしょう!出る出るって思えば出るから。こ... 続きを読む

2 Comments

街を歩くと~その6~

  まずはこちらの記事を見てください。   vol-68 障がいに対する誤解~ライフ編~     どうでしたか?   何か共感する場面が私も介助していてありますね。   色々あるお気持ちはお察ししますが、 挨拶代わりに可哀想って言葉を投げ掛けるなんてちょっと失礼じゃないかなと思います。   声かけは大事ですし、凄くありがたいのですが、可哀想と言う前に 『何かお手伝いしますか?』とか『こんにちは!』とかもっとラフな言葉で話かけ... 続きを読む

2 Comments

街を歩くと~その5~

介助してて不思議な事を今日は話します。 店員やショップのスタッフ、看護婦さん等の話し方に???と思うときがあります。 勿論みんながみんなではありません。   例えば 利用者さんに対して幼稚園児に話しかける様な言葉で話しかける人… 一人の大人として見て、接して欲しいなと思いました。 配慮しようとしているんでしょうが。   何をするにもまず介助者に聞く人… 介助する時はスタッフと目を合わせないようにしてます。 あくまで利用者さんがお店等に来てるので… ですが気を付けていても話しか... 続きを読む

Leave a Comment